Now Loading...

十勝帯広のホームページ制作会社 ソウェブ-SOWEB-

  • スマートフォン用メニュー
  • ホームページ自動見積もり
  • お問い合わせ

十勝(帯広・幕別・芽室・音更など)
ホームページ制作のことならおまかせください。

0120-905-401

ホームページの自動お見積もり

ブログ

Blog

2017年12月14日

5.絶対に後悔しない「ホームページの制作契約」までに確認しておくこと (プロが教えるホームページ制作会社の選び方シリーズ)


こんにちは、SOWEBの伊瀬谷です。
前回に引き続き、プロが教えるホームページ制作会社の選び方 その5です

前回は「 打ち合わせまでに「用意しておくモノのまとめ」 」

今回は「 絶対に後悔しない「 契約 」までに確認しておくこと 」です。

一度契約してしまってからでは後悔しても遅いです。
後悔しないために最初の打ち合わせから契約までの間に行う、
制作会社の見極め方や料金のチェック・仕様に関してなど、
契約までにしっかり確認しておくことをまとめました

制作会社について

得意分野

デザインが得意なのか、集客や宣伝が得意なのかと
その制作会社の得意分野はどこなのかをぜひ聞いてみてください。

例えば・・・

Q.デザインを重視したいのに(ブランドや会社イメージを高めたい)
A.制作会社は集客力やシステム面などは強いが、デザイン力が弱い会社だった。

Q.集客を徹底的に行いたい。
A.制作会社はデザインは得意だが、制作のみでSEOや集客に関してのサービスを行っていない会社だった

ちょっと極端ですが重視したい点がマッチしていない。
これではダメですよね…

前回、作ったホームページの目的
そこにマッチしているかどうかをしっかりチェックしてみてください。

ホームページ製作会社側の営業担当者

意外かもしれませんが、ホームページの出来は営業担当者によって大きく変わってきます。
営業担当者が適当だと打ち合わせの内容が伝わってなかったり・ヒアリングが甘かったりと影響が出てきます。

営業担当者は打ち合わせ~ホームページ完成・アフターサポートまで同じ担当者なのか。
担当者が変わると今までのやりとりが伝わっていなかったりとトラブルや出来上がりにも影響しますので確認が必要です。

小さい会社だと営業担当者=制作担当者もあります。その場合だとストレートにやりたいことを伝えれます。
思っているものとズレが出てきますので、間に入る人はより少ない方が良いです。

打ち合わせの相性

やりたいことを伝えるのは大変です。
しっかりと「ヒアリング」や「打ち合わせ」の時間を取ってもらえるか。
また人対人なので担当者と話して相性が合うかどうか。
担当者と二人三脚でやっていくわけですので意外に馬が合うかって大切だったりします。

誠実さがあるか

質問してみて、わかりやすい答えが返ってくる。出来ないことは出来ないと言う。
当たり前ですがぜひチェックしてみてください。

ホームページ制作~集客までは多くの知識が必要になります。
その場で答えれないこともありますが、後日しっかりと回答を返す。

何でも出来るといっておいて後から、
出来ませんでした…追加料金がかかってしまいます…など。
そういったトラブルになることもあります。

突っ込んだ質問にしっかりと答えてくれる担当者だと安心してまかせれます。
お茶を濁したり・専門用語でごまかす担当者は注意です。

制作は自社 or 外注なのか

制作会社の中には制作作業を完全に下請けに外注、丸投げ
Web制作/ホームページ制作会社とはなっているがの実際は単なる営業会社もあります。

ホームページ制作知識がない場合も多く、
受注した案件を右から左に流すだけ、外注をはさむ分料金が高くなることが多いです。

もちろん企画や管理を行ってしっかりと外注されている制作会社もあります。
ただ外から見て判断が難しいので、個人的には自社制作しているところの方が融通利くことが多いと思います。

また自社で制作されているほうが
料金面や完成後のアフターサービスなどの更新の速度が早いなどメリットが大きいかなと思います。

ホームページの仕様に関すること

ホームページのページ数

ページ数によって料金変わりますので無駄がでないようにしっかりとまとめることが大事です。
節約しようと思い1ページにまとめることも可能ですが、ページの情報量によっては追加料金が必要です。
(大抵 A4サイズ1枚~2枚の情報量を1ページとカウントしているためです。)

スマホ対応しているか

スマートフォン利用者を考えると対応は必須です。
料金がかわる場合も多いですので事前に確認が必要です。
パソコンと同じ画面が表示される対応はスマホ対応ではありませんのでご注意下さい。
(スマホで見ると文字が小さく、大きくしないと見れないタイプ)

システム面

自分達でホームページ内容を修正できるシステムを入れるかどうか。
この機能はCMS(コンテンツマネージメントシステム)といいます。

全ページに機能を入れるコスト上がってしまうので
お知らせ・ブログ・サービス・メニューなど更新頻度が高いページのみ導入するのがオススメです。

ドメイン・サーバー

名義は自分達か制作会社のどちらになるのか。
解約時はドメインやサーバを継続して利用可能なのか。
特に解約時にドメインが使えなくなるとイチからスタートですので
名刺やパンフレットも印刷しなおし・また検索順位にも大きく影響しますので事前に確認してください。

メールアドレス

取得したドメインでメールを利用することが出来るかどうかと。
メールアドレスは何個まで利用できるのか確認が必要です。

○○○@gmail や ○○○@yahoo.co.jp よりも ○○○@soweb.jp
ドメインでメールアドレスがあった方が信頼度が上がります。

また従業員ごとに多くのメールアドレスを割り当てしたい場合にオススメです。

アクセス解析

ホームページが完成後、どれぐらいの集客効果があるのか具体的な数字で計測することができます。
アクセス解析は必須となります。有料のものもありますが、無料のGoogle Analyticsで十分です。
大事なのことはしっかりと分析して次につなげることです。

ホームページ制作に関して

ホームページの原稿

ホームページの中身にあたる文書や情報の原稿です。

自分達or制作会社どちらが用意するのか

ただ基本的には自分達で用意することが多いです。
いざ作るとなった場合普段こういった文章を作る人は少なく、
どう作っていいのかわからないケースが多いです。

出来ればヒアリング内容を元に
制作会社側で原稿の叩き台作ってもらい肉付けしていく方がスムーズです。

事前にホームページ制作会社側が原稿のサポートしてくれるのかを確認してみてください。

掲載用の写真

ホームページの写真は一番目に入る部分ですので非常に重要です。

撮影は業者側で行ってもらえるのか
それとも自分達が行うのか

出来れば撮影してもらってください。
自分達で取るのとはクオリティが違います。

欲しい写真のイメージ撮影できない場合
販売している写真素材イメージがありません。キレイな写真も多く、バリエーションも豊富です。
大抵業者が写真素材会社と契約してますので格安もしくは無料で使用可能なことが多いです。

デザインベース

デザインはオリジナル制作・テンプレート制作のどちらになるのか

オリジナルデザイン

お客様の合ったデザインをイチから制作するので要望を全て叶える事が出来、満足度が高いですが料金が高くなります

テンプレート

カタログ方式で決まった枠組みで制作するので早く安く効率的に制作可能です。ただ枠組みが決まってますのでデザインや機能に制限が出てきます。

デザインパターン

制作前にホームページの完成イメージを画像などで作るのですが何パターン出してもらえるのか。
大抵は1~2パターン位でそれ以上の場合はオプションとなるケースが多いです。
数があると比較できますので選択肢が多くなりますね。

ホームページの修正回数

制作スタートしていくと、デザインや文章・写真など
気になる箇所やこうしたいと要望が色々出てきます。

しかし制作会社によっては事前に 修正○回までと規定があったりしますので
事前に制作中の修正は無制限なのか、回数が決まっているのか
回数を超えた場合の料金はいくらかかるのか確認が必要です。

公開日

いつまでに完成させたいのか・公開可能なのか。
見積もり段階で公開日の希望あるようでしたら伝えた方がスムーズです。
ページ数や内容によって変わりますが制作スタートから1~3ヶ月ほどが目安かと思います

料金について


料金体系によって変わりますが
詳しくは前の記事「 3.ホームページ制作にかかる料金の目安 」で確認下さい。

初期費用はいくらかかるか

  • ホームページの制作料金
  • ドメインやサーバの初期費用

月額費費用はいくらかかるか

  • ・ドメイン・サーバの管理費用など
  • ・ホームページの維持・保守・サポート

社内に詳しい人間がいるならドメイン・サーバは自分達管理でも良いかと思います。

更新費用はいくらかかるのか

  • ・文章更新・写真更新 ( 目安1,000円~5,000円位 )
  • ・ページ追加 ( 目安10,000円~30,000円位 )
  • ・worpresssの更新費用(アップデート 目安30,000円~位 )

など大体な更新費用を確認しておくのがオススメです

料金の支払い方法

請求書払い・振替・クレジットカードなど
用意されている支払いに違いがあります。

料金発生日

料金は着手前 or 着手後に必要なのか
それとも完成後から発生するのか事前に確認必要です。

料金締日

料金の支払サイトも確認が必要です。

集客に関して


契約の際に完成後のことも確認しておきましょう。
完成後集客が大事になってきますが、サポートがあるか、ないかは大切です。

  • ・ホームページを集客するために何をやったらいいですか
  • ・自社ブログは活用法は
  • ・SEO対策はどうなってますか
  • ・WEB広告の取扱はありますか
  • ・SNSの連携や連動は可能ですか

代表的な集客を下記にまとめましたので
ホームページの集客を図るため
打ち合わせ段階でどんなことをやってもらえるのか質問してみましょう。

SEO対策(検索エンジン上位表示対策)

ヤフーやGoogleで キーワード検索したときに
上位に表示するために対策です。
上位表示されればされるほど集客に結びつきます。

コンテンツマーケティング

ホームページ内のブログなどを利用して「ホームページを見た人が「見たい!見てよかった!と思える情報を更新し続けることで、ファンを増やし集客を図る
実施することで同時にSEO対策にも非常に効果的です。

WEB広告

有料ですがSEO対策やコンテンツマーケティングと比べて
すぐに効果が見込めますので立ち上げ時にオススメです。

リスティング(PPC広告)

ヤフーやGoogleで「 キーワード検索 」したときに上部や右側の表示される有料広告枠となります。

ディスプレイ広告

他の方のホームページやスマホアプリに表示される広告です。ブログやホームページを閲覧している時に右側や下部にある広告枠となります。
画像やテキストをクリックすることで広告主のホームページへと移動させることができます。

SNS

フェイスブックやインスタグラム・ツイッターなどです。
ユーザーと交流できますので見込み客やファンの獲得に繋がります。
特にホームページと連携することで更新も簡単になりますし、口コミに繋がります。

以上となります。細かい部分が多いですが、
契約前にはしっかりと内容を確認することで制作がスムーズに進みます。

ぜひ参考にしてみてください

プロが教えるホームページ制作会社の選び方 目次

  1. 1.直接会える制作会社を選ぶ
  2. 2.理想の制作会社の探し方
  3. 3.ホームページ制作にかかる料金の目安
  4. 4.打ち合わせまでに「用意しておくモノのまとめ」
  5. 5.絶対に後悔しない「契約」までに確認しておくこと
  6. 6.最高のホームページを完成させる方法
  7. 7.完成してからがスタート 徹底集客!

Copyright (C) SOWEB All Rights Reserved.